平田 満

HIRATA MITSURU

平田 満
OFFICIAL SNS
FACEBOOK
TWITTER
INSTAGRAM
出身地
愛知県
HP・BLOG
http://aru-c.com
  • 平田満
  • NO IMAGE

スケジュール

テレビ

2月14日(日)20:00スタート
NHK大河ドラマ「青天を衝け」

11月29日(月)20:00
TX 横山秀夫サスペンス「第三の時効」

 

映画

「家族マニュアル」公式HP
※プチョン国際ファンタスティック映画祭で招待上映 ニュース

舞台

11月19日~28日新宿三丁目 雑遊
12月4日、5日穂の国とよはし芸術劇場PLATアートスペース
作・演出 野田慈伸(桃尻犬)
アル☆カンパニー「POPPY!!!」公式HP

CM

野村不動産

WEB

5月28日配信
「燕 Yan」公式HP

早稲田大学在学中、学生劇団「暫」時代につかこうへいと出会い、1974年、劇団「つかこうへい事務所」旗揚げに参加。「初級革命講座飛龍伝」(’73年)、「熱海殺人事件」('73年)、「いつも心に太陽を」('79年)、「蒲田行進曲」('80年)などのほとんどの作品に出演する。また、映画「蒲田行進曲」('82年 深作欣二監督)では舞台と同じ「ヤス」役を演じ、'82年度日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、報知映画賞最優秀主演男優賞を始め多数の映画賞を受賞。'82年に劇団は解散。その後、こまつ座で井上ひさし作品「泣き虫なまいき石川啄木」('86年)や地人会で木村光一演出「こんな話」('87年)、「島」('88年)、TPT(シアタープロジェクト東京)でデヴィッド・ルヴォー、ロバート・アラン・アッカーマン等の演出作品と出会い新たな刺激を受ける。

2006年、企画プロデュース共同体「アル☆カンパニー」を立ち上げ、平田俊子、青木豪、蓬莱竜太、前田司郎、松田正隆、田村孝裕、三浦大輔など時代を担う幅広い作家・演出家と様々な試みに取り組んでいる。

'01年に「ART」(作 ヤスミナ・レザ 演出 パトリス・ケルブラ)、「こんにちは、母さん」(作・演出 永井愛 二兎社)で第9回読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞。'14年に「失望のむこうがわ」(アル☆カンパニー公演 '15年作・演出 三浦大輔)、「海をゆく者~The Seafarer~」(作 コナー・マクファーソン 演出 栗山民也)で第49回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。

'15年12月に公演した「熱海殺人事件」(演出 いのうえひでのり)は風間杜夫&平田満のオリジナルキャストで33年ぶりに共演し注目を集めたことで記憶に新しい。

2020年「THE NETHER」で第27回読売演劇大賞優秀男優賞受賞

芸歴

映画

’83年 「時代屋の女房」(監督 森崎東)
’83年 「居酒屋兆治」(監督 降旗康男監督)
’84年 「上海バンスキング」(監督 深作欣二)
’85年 「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」(監督 森崎東)
’87年 「映画女優」(監督 市川崑)
’88年 「噛む女」(監督 神代辰巳)
’98年 「ラブ&ポップ」(監督 庵野秀明)
’00年 「はつ恋」(監督 篠原哲雄)
’04年 「東京原発」(監督 山川元)
’04年 「北の零年」(監督 行定勲監督)
’05年 「埋もれ木」(監督 小栗康平)
’06年 「怪談新耳袋ノブヒロさん」(監督 豊島圭介)
’09年 「おと な り」(監督 熊沢尚人)
’09年 「曲がれ!スプーン」(監督 本広克行)
’09年 「アマルフィ女神の報酬」(監督 西谷 弘)
’10年 「Flowers」(監督 小泉徳宏)
’10年 「孤高のメス」(監督 成島 出)
’11年 「八日目の蝉」(監督 成島 出)
’12年 「キツツキと雨」(監督 沖田修一)
’12年 「臨場 劇場版」(監督 橋本 一)
’13年 「くちづけ」(監督 堤 幸彦)
’13年 「ソウルフラワートレイン」(監督 西尾孔志)
’13年 「モーニングセット、牛乳、春」(監督 サトウトシキ)
’15年 「しゃぶしゃぶスピリット」(監督 Yuki Saito)
’15年 「悼む人」(監督 堤 幸彦)
’17年 「くも漫。」(監督 小林稔昌)
’17年 「愚行録」 (監督 石川慶)
’17年 「22年目の告白~私が殺人犯です」(監督 入江悠)
’17年 「光」(監督 大森立嗣)
’17年 「裏切りの街」(脚本・監督 三浦大輔)
’18年 「青の帰り道」(監督 藤井道人)
’19年 「五億円のじんせい」(監督 文晟豪)
’19年 「蜜蜂と遠雷」(監督 石川慶)
’20年 「Fukushima50」(監督 若松節朗)
’20年 「燕-イエン-」
’20年 「浅田家!」
’20年 「リトル・サブカル・ウォーズ~ヴィレヴァン!の逆襲~」

舞台

’86年 「泣き虫なまいき石川啄木」
’87年 「こんな話」
’88年 「島」
’94年 「ヘッダ・ガブラー」
’98年 「娘に祈りを」
’99年’01年’15年 「ART」
’00年 「阿修羅城の瞳」
’00年’05年 「竜馬の妻とその夫と愛人」
’01年’04年 「こんにちは、母さん」(作・演出 永井愛 新国立劇場)
’02年 「居残り佐平次」
’05年 「火焔太鼓」
’05年’06年’08年 「ダモイ~収容所から来た遺言~」
’06年’07年’09年 アルカンパニー「(お)もろい夫婦」
’06年 アルカンパニー「開運ラジオ」
’07年 「うそつき弥次郎」
’07年 「海と日傘」
’08年’11年 アルカンパニー「ゆすり」
’09年 「シュート・ザ・クロウ」
’09年’14年 「海をゆく者~The Seafarer~」
’10年’11年 アルカンパニー 「罪」
’10年’12年 アルカンパニー 「家の内蔵」
’11年 アルカンパニー 「冬の旅」
’13年’15年 アルカンパニー 「父よ!」
’14年 アルカンパニー 「失望のむこうがわ」
’15年 「熱海殺人事件」
’16年 「星回帰線」
’17年 「白蟻の巣」
’17年’19年 アルカンパニ-「荒れ野」
’18年 「赤道の下のマクベス」
’19年 リーディング・シアター レイモンド・カーヴァーの世界
’19年 「美しく青く」
’19年 「THE NETHER(ネザー)」
’20年 アルカンパニー・ラボ『POPPY!!!』 (ポーピー!!!)
’20年 「ぼくの名前はズッキーニ」

テレビ・配信

’86年 「シャツの店」(NHK)
’87年 「独眼竜正宗」(NHK)
’91年 「君の名は」(NHK)
’98年 「ラブジェネレーション」(CX)
’98年 「神様もう少しだけ」(CX)
’07年 「こんにちは、母さん」(NHK)
’07年 「SP」(CX)
’08年 「ラスト・フレンズ」(CX)
’08年 「パンドラ」(WOWOW)
’09年 「誰かが嘘をついている」(CX)
’10年 「チェイス」(NHK)
’10年 「15歳の志願兵」(NHK)
’10年 「怪しき文豪怪談 片腕」(NHK)
’11年 「CO移植コーディネーター」(WOWOW)
’12年 「聖なる怪物たち」(EX)
’13年 「書店員ミチルの身の上話」(NHK)
’13年 「メイドインジャパン」(NHK)
’13年 「名もなき毒」(TBS)
’13年 「ラストホープ」(CX)
’13年 「夫婦善哉」(NHK)
’14年 「お父さんは高校生」(NHK)
’14年 「芙蓉の人」(NHK)
’14年 「ごめんね青春!」(TBS)
’15年 「デート~恋とはどんなものかしら~」(CX)
’15年 「闇の伴走者」(WOWOW)
’15年 「しんがり~山一証券最後の聖戦」(WOWOW)
’16年 「植物男子ベランダー3」(NHK)
’16年 「昔話法廷~浦島太郎」(NHK)
’16年 「沈まぬ太陽」(wowow)
’16年 「忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣」(NHK)
’17年 「幕末グルメ ブシメシ!」(NHK)
’17年 「宮沢賢治の食卓」(WOWOW)
’17年 おはなしのくに「はなさかじいさん」(Eテレ)
’17年 「ヘヤチョウ」(EX)
’17年 Huluオリジナル連続ドラマ「代償」
’18年 「幕末グルメ ブシメシ!2」(NHK)
’18年 「絶対零度」(CX)
’18年 「名奉行!遠山の金四郎」(TBS)
’18年 大河ドラマ「西郷どん」(NHK)
’18年 「昭和元禄落語心中」(NHK)
’19年 「日本ボロ宿紀行」(TX)
’19年 「ヴィレヴァン!」
’19年  愛知発地域ドラマ「黄色い煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~」(BSプレミアム)
’20年 「ディア・ペイシェント(NHK)
’20年 「モノクロームの反転」(TX)
’21年 「ゲキカラドウ」(TX)
’21年 「リコカツ」(TBS)

CM・ラジオetc

<ラジオドラマ>
’21年 NHK-FM FMシアター「ワンさんは働き者」